再生Q&A_55

再生手続支援システムQ&A

【質問】
[債権者新規登録]を実行すると、プログラムが異常終了しました。対処方法はどのようにするのですか?(2010-1-27)

【回答】
 
「債権者一覧」画面、又はメニューの保守の「債権者登録・修正」の「債権者新規登録」ボタンをクリックした場合にプログラムが異常終了する場合は、処理対象の債権者マスタデータベースの破損が原因です。

本アプリケーションのメニューにある「データのバックアップ&復元」でバックアップしたデータがある場合は、「復元」を実行して下さい。バックアップをしていない場合は、以下の手順で、「債権者マスタ」の再構築を行って下さい。

プログラムのバージョンが[9.0.2.9]以降の場合
再生ソフトを起動し、メインメニューのヘルプにある「債権者DBの一括ダウンロード」を実行して下さい。
債権者マスタ一括ダウンロード実行画面

プログラムのバージョンが[9.0.2.8]以前の場合
1)[C:\Program Files\imc\AreaDB]フォルダ内にある以下のファイルを削除して下さい。
[SaikenHM.dat][SaikenHM.idx][SaikenSM.dat][SaikenSM.idx]

2)再生ソフトを起動し、メインメニューのヘルプにある「債権者DBの一括ダウンロード」を実行して下さい。
債権者データダウンロード画面

3)[解凍先フォルダ]を確認しOKボタンをクリックします。
データの解凍先を指定します

4)解凍後、再生ソフトのメインメニューの保守にある「債権者登録・修正」をクリックします。
初期画面(債権者登録・修正)

5)メニューのファイルにある「債権者データの更新」をクリックします。
債権者データの更新

6)「データチェック」をクリックし、件数が表示されたら「更新開始」をクリックします。
更新データのチェック

債権者新規登録ウイザード画面が正常に表示されることを確認して下さい。