再生Q&A_37

再生手続支援システムQ&A

【質問】
「受任通知」がWord文書として出力されますが、呼び出の元文書の一部を当事務所の独自の文書に変更したいと思います。変更方法等、変更する場合の運用方法を開示して下さい。(2005-6-3)

【回答】
「受任通知」のみ、テストケースとして雛形となる元文書に、必要事項をプログラムで差し込んでMS-Wordに出力する方法を取っています。テストでの運用ですので、他の文書にもこの方法で提供することを約束するものではありませんのでご了承下さい。

以下の方法で事務所オリジナルの「受任通知」を作成することが可能です。
【文書の名前】
 再生受任通知.doc
【文書の保存場所】
再生データベースのフォルダ内(通常は「C」ドライブの「Program Files\imc\Saisei1\saipdox」フォルダ)
【差込データの保持方法】
差込データは「ブックマーク名」が付けられて文書に保存されています。Wordのメニュー「挿入」の「ブックマーク」で内容を参照できます。
【Wordの元文書の編集】・編集は「再生受任通知.doc」に対して行って下さい。プログラムで作成された文書を変更して、「再生受任通知.doc」の文書名で保存を行った場合、以後の処理では可変項目にデータはセットされませんのでご注意願います。
・この「ブックマーク」及び「ブックマークに関連付けられた文書の文字列」を削除しなければ、他の部分は自由に変更できます。
・削除されたブックマークに対応する可変項目は、データがセットされません。
・「再生受任通知.doc」を変更された場合は、必ず上書き保存を行って下さい。
【Wordの元文書の入手方法】
Ver.5.0.0.9のアップデートのリリース時に、プログラムと同時にダウンロードされます。

【注意】
ソフトの運用者の区分が「弁護士」以外の場合は上記「受任通知」はご利用になれません。