再生Q&A_24

再生手続支援システムQ&A

【質問】
債権者データの入力の内、郵便番号・住所・電話番号が一部の債権者について違ったデータに変更された

【回答】
「負債の入力」画面で債権者マスタの内容を変更されたのが原因です。

債権者のデータ(郵便番号・住所・電話番号等)の変更後「登録」ボタンを押したときに、「ここでの債権者データの変更は、すべてのシミュレーションデータに反映します。変更して良いですか?」というメッセージが表示されたと思います。このときに「はい」のボタンを押すと債権者マスタが変更されますので、その債権者マスタを参照するすべての「債権者」の属性が変更されます。
機能説明書第4版35ページに記載があります。

「負債の入力」画面で、同一債権者マスタのレコードの住所を次々に変更して債権者一覧を作成された場合、このような現象になります。債権者マスタの修正は、参照するすべてのデータに反映するということを認識して下さい。債権者検索で債権者が存在しない場合には、債権者の新規登録を行うようにして下さい。