再生Q&A_18

再生手続支援システムQ&A

【質問】
再生計画案の返済計画表の債権者ごとの返済額に支払割合を乗じた金額と表示されている金額が違うのですが・・・

【回答】
支払割合は、「分数表記」と「百分率表記」によって計算方法が異なります。

《前提条件》

返済総額=167,800円
支払期間=36月
返済額の端数=1円未満を切上げ
返済方法が【毎月返済】を選択されている場合

1)環境設定の再生計画案タブの[再生計画案の弁済方法の支払割合の印字方法]で「百分率表記(9.99%)」が選択されている場合

支払割合・・・・1÷36回=2.78%
毎月返済額・・・167,800円×2.78%=4,665円
※再生計画案の弁済方法の支払割合の文言は[2.78%]とセットされます。

2)「分数表記」が選択されている場合

毎月返済額・・・167,800円÷36回=4,662円
※再生計画案の弁済方法の支払割合の文言は[36分の1]とセットされます。

★後記の[少額債権の毎回返済額の計算方法について]も参照願います。