Web版・年金相談相談支援システム


「Web版・年金相談相談支援システム」について

Web版・年金相談支援システムは、Webブラウザを使用して年金計算に必要な基礎情報を入力することによって年金受給予定額を算出し、年金受給に関する様々なシミュレーションを行うシステムです。

年金受給額は、生年月日・性別・加入した年金保険の種別とその加入期間、厚生年金等の被用者年金は、加入した期間の標準報酬月額を元に計算されますが、年金制度の仕組みが少し複雑であり、
また、将来の加入記録を予測して手計算でシミュレーションを行うにはかなりの労力が必要になります。
本システムはで最小限の入力で、より正確なシミュレーションを可能にします。
  画像をクリックすると拡大表示されます。
【加入期間の入力方法】
加入記録入力画面  本システムには、加入期間の入力方法として
1)手入力で「資格取得」「資格喪失」時期を入力する方法。
2)日本年金機構の加入記録をコピー&貼り付けで取得する方法。
を用意しています。
1)の方法では「資格取得」「資格喪失」時期以外に、年齢による入力も可能になっていますので、大雑把な入力でも、法制度に準拠した内容で、年金受給額の算出ができます。
【不足期間を充足するためのシミュレーション】
 加入期間が受給資格の取得要件を満たしていない場合には、60歳以降の任意加入によって受給権を取得できるか否かのシミュレーションを行います。
不足期間充足画面
【平均標準報酬額の入力方法】
平均標準報酬月額画面 1)日本年金機構の加入記録をコピー&貼り付けで取得した場合は、平均標準報酬額は自動的に金額が計算されセットされます。
この場合でも、将来(本日以降60歳到達まで)の期間の標準報酬月額を、モデル昇給係数に基づいて算出する機能があります。
2)加入期間を手入力で行った場合は、現在の給与月額を元に、モデル昇給係数に基づいて標準報酬月額を算出します。
算出した標準報酬月額は、個別に変更することも可能です。
3)平均標準報酬額を直接入力することもできます。

【年金受給額確認】
 加入期間及び平均標準報酬額を元に、老齢厚生年金(報酬比例部分の年金が支給される世代については部分年金)老齢基礎年金を算出します。

年金受給額確認画面
【繰上げ・繰下げ受給のシミュレーション】
繰上げ・繰下げシミュレーション画面  老齢基礎年金を繰上げ受給したり、繰下げ受給をした場合の年金を確認できます。

【在職老齢年金のシミュレーション】
 60歳以降に在職をした場合の就労時の賃金月額と、60歳到達時の賃金月額を元に、在職老齢年金・高年齢雇用継続給付金の計算を行います。64歳以前に離職した場合の年金受給額の「退職時改定」及び、「65歳改定」は自動で算出されます。
在職老齢年金シミュレーション画面
【年齢別収入一覧】
年齢別収入一覧画面  年金(在職老齢年金)・給与・高年齢雇用継続給付を集計して、年齢別の収入額を一覧表示します。